女性2人

酸化予防対策

サプリメント

活性酸素の害を適度にコントロール出来る丹羽SODは、今後お役立ちアイテムとして活用されていくと考えられます。丹羽SODは体のあらゆる所で生じる酸化ストレスを軽減することが可能です。従って、総合的な体調改善に効果があります。

Read More...

マクロビ効果がある酵素

飲み物

酵素は近年人気の健康食品であり、沢山の商品が販売されています。そのため購入する際には使用されている材料などを確認するなどの注意が必要です。最近ではマクロビ酵素が人気となっており、その理由はマクロビオテックに基づいて作られているからです。

Read More...

女性達の悩みの種

お腹周り

増えすぎると邪魔者に

女性の天敵「皮下脂肪」は、男性よりも女性につきやすい脂肪として知られています。男性の場合は同じ脂肪でも内臓脂肪のほうが付きやすいとされています。皮下脂肪とは、文字通り皮膚の下にある脂肪のことで、皮膚表面から手でつかむことができます。体温を維持したり、内臓を守る役割を持っています。特に女性の場合は妊娠や出産をすることから、守るべき重要な臓器が多く、腹部や臀部などに脂肪が付きやすくなっています。しかし、過剰に脂肪が付きすぎてしまった場合には、脂肪を落とす必要があります。過剰に付いた脂肪を放置してしまうと、セルライトになってしまい、ますます落とすことが難しくなります。そうならないためには、日々のちょっとした努力が必要です。

溜め込まないのが重要

皮下脂肪が増える原因は、食べすぎと運動不足です。摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、その上回った分が脂肪として蓄えられます。なので、高カロリーの食事、動物性脂肪、甘いお菓子、お酒、炭水化物などの食べ過ぎには要注意です。また、夕食のカロリーが高いと脂肪の蓄積が増加しやすいとされています。運動不足の場合、筋肉量が減少し基礎代謝の低下に繋がります。基礎代謝が低くなると、何もしない時に消費されるカロリー量が減ってしまうため、皮下脂肪がつきやすくなってしまいます。皮下脂肪は、内臓脂肪に比べると付きにくい脂肪ですが、落とすのが難しい脂肪でもあります。なので、身体に皮下脂肪を蓄えないようにするのが一番良い方法です。食事内容を見直し、適度な運動を取り入れることで脂肪の蓄積を防止できます。また、皮下脂肪が身体に付いてしまったら、これらの方法の他に筋力トレーニングやマッサージを加えることで、効率よく脂肪を落とすことができます。そして、即効性を求めず、毎日コツコツと続けることが最も大切になります。

野菜の力でダイエット

ジュース

グリーンスムージーは葉野菜を中心に、果物と水を加えてミキサーにかけるだけでつくることができます。健康に必要な栄養素をバランスよく摂取でき、また置き換えダイエットにおける代替品としても高い人気があります。

Read More...